My Favorite Story

I love Kdrama reviews

ヒーラー Healer

ヒーラー Healer 全20話 (2014〜2015年 KBS)

チ・チャンウクさんがとにかく格好良くて素敵でした。
アクションもすごくパワフルですごくなんか今までのイメージとは違ってしまいました。

なんか可愛い感じの俳優さんというイメージでしたが、なんか生まれ変わってしまった感じでした。

「奇皇后」「笑ってトンへ」「イケメン青果店」気弱だけれど、優しい誠実な役柄が多かったせいかもしれませんね。
アウトロー的な役柄がこんなに素敵に演じられるなんて、素敵です。
「シティハンター」のイ・ミンホさんと互角でしたね。相手役がパク・ミニョンさんだというのもご縁でししょうか。
チャンウクさんとのラブロマンスの方が胸キュンでした。

あらすじを少し〜


心に傷を持ち、人を避けて生きてきた孤独な青年と、同じ傷を持ちながら、人を信じて生きてきたヒロイン。ある因縁で出会った2人が、互いを守り、癒し合う究極の胸キュンロマンス、「ヒーラー」。
表と裏の顔を持つ主人公を演じたのは、チ・チャンウク。クールでセクシーな仕事人の姿で、そのスマートさに酔わされる一方、世を忍ぶ仮の姿では、情けなくも憎めないキャラで母性本能くすぐり、そのギャップに心くすぐられてしまう。何より、表と裏の顔を持つ主人公が、正体を隠し、命懸けでヒロインを守ろうとする姿は、「シティハンターin Seoul」を思わせる“切な+カッコよさ”で、スリルとときめきで胸がドキドキさせられっぱなしだ。パク・ミニョンが、明るく快活なヒロインを好演し、チ・チャンウクと抜群の相性を見せている点も“高共感度”に繋がっている。この2人の間で繰り広げられる、“目隠しキス”や“秘密の映画館デート”“泥棒キス”など、その甘くロマンチックなラブシーンは、最高にキュンとする。
脚本は、「シンイ-信義-」など、数々の名作を世に送り出してきたソン・ジナ。本作でも、ロマンス、アクション、サスペンスといった多様な要素を、軽さと重さの絶妙なバランスで紡ぎ上げ、スリリングかつ痛快なストーリーを展開させました。  (番組HPより抜粋)


目隠しキス

秘密の映画館デート

正体を明かせぬ“危険な”事情、過去の因縁など、様々な障害に絡んだドラマが10話くらいまで展開されます。ちょっと長いな〜と感じて10話まではあまり熱心に見ていませんでした。10話以降からスリリングな展開と”ヒーラーとしてのスーパーマンぶり” ”ボンスとしての見守り役” ”ジョンフとしての何より彼女への愛情”が炸裂するストーリーに目が離せませんでした。10話以降から見ても面白いのでは?

彼女を常に陰から見守り、顔を見せずに窮地を救いだすジョンフのスーパーマンぶり、ピュア愛に、ときめかずにいられない!

  • Slide image
  • Slide image
  • Slide image
  • Slide image
  • Slide image

 

チ・チャンウクが、切れ者の便利屋ヒーラーと気弱な新聞記者ボンス、人を避けて生きるジョンフの顔を持つ主人公をカッコよく演じ切りましたね。

13話から15話にかけての二人のシーンは圧巻のラブシーンかな。切なくて可愛くて純真さ満開で。

  • Slide image
  • Slide image
  • Slide image
  • Slide image

 

パク・ミニョンさんたくさんの俳優さんと共演されていますが、このドラマでのラブシーンが一番素敵と感じています。とにかく、かわゆくて、切なくて。。。

ミンジャおばさんの活躍もなかなかスマートでした。頼れるジョンフの相棒として。

healer13

スター新聞記者を演じたユ・ジテさん、久しぶりのドラマへの出演で嬉しかったな〜。「スターの恋人」で彼の虜になりました。
あの笑顔たまらないわ〜。

今回の役柄は、スター記者なんだけれど、なんか歯切れが悪いのです。地位も名誉もお金もあるのに、なぜか歯切れが悪い役柄でした。ジョンフとヨンシンに助けられている感じでした。でもお顔を拝見できて満足でした。

チ・チャンウクさん株が急上昇ですね。

本当にこんなに素敵な落ち着いた演技力のある俳優さんだとは思いませんでした。「奇皇后」タファンの何もできない王、気弱な王も好演でしたものね。

チ・チャンウクさんには嵌りませんでしたが、兵役後の活躍が楽しみですね。