My Favorite Story

I love Kdrama reviews

恋するパッケージツアー パリのエスプリを感じるファッションと風景

恋するパッケージツアー 〜パリから始まる最高の恋〜 The Package  全12話 (2017年 Jtbc) ☆☆☆

キャッチフレーズにもあるようにフランスを旅する気分になれるドラマです。

旅ってストップモーションです。断片的に思い出す。

個人的には、旅って景色を思い出すことよりも、その時に出会った方たちを思い出します。そしてその時の懐かしい感情を。。。

でも豪華なフランス、すべて絵になる映像ばかりで、目の保養になりました。

ソソとマルのラブシーンもなんか素敵な映像としか見えなくて・・・・・( ͒˃̩̩⌂˂̩̩ ͒)

イ・ヨニさん扮するツアーガイドさん説明がとてもいいリズムで聞こえてきて本当に旅した気分に。。。。

この8泊10日のプレミアムツアーで起こる旅人たちのエピソードと、旅人のバッググランドのエピソードがさりげなく交差しながらこのドラマは進行します。

イ・ヨニさんのファッションがカジュアルシックでなんかアンニュイで素敵でした。彼女は背が高いし、スタイルもモデルさん並だから。。

たくさんの素敵な景色の映像も楽しむことができましたし、OST、音楽も軽やかで快適でした。

パッケージツアーに参加した旅人、人生の一コマの時間を共有した時から始まる次の人生に対する応援歌のようなドラマ。

旅って人との出会い。美しい映像と共に送る出会いという人生の契機を感じるドラマのような気がしました。


脚本:チョン・ソンイル(7級公務員・チュノ・逃亡者PlanB)
演出:チョン・チャングン/キム・ジンウォン

キャスト
イ・ヨニ (ユン・ソソ役 フランスに留学し、現地で観光ガイドをしている)
ジョン・ヨンファ(CNBLUE)(サン・マル役 会社の上司の彼女と喧嘩して傷心旅行をする製薬会社社員)
チェ・ウシク、(ギム・ギョンジェ役 恋人ソラと冷めきった中を修復するために参加する)
ハ・シウン(ハン・ソラ役 ギョンジェの恋人ファッションデザイナー)
ハン・ボクチャ(イ・ジヒョン役 ガブスの妻 病気を隠している)
チョン・ギュス (オ・ガプス役 頑固親父、鴨料理店経営者)
リュ・スンス(チョン・ヨンソン役 再婚するために娘との関係を修復したい)
チョン・ナヒョン(パク・ユナ役 ヨンソンの娘)
ユン・バク(謎の追跡者 ソソの弟)

あらすじ
ソソはパリでツアーガイドをしている。親の反対を押し切ってパリまで恋人と二人っきりで結婚式まで上げたのに、捨てられてしまう。そのソソがガイドを務めるパッケージツアーに参加したマルは、上司の恋人と一緒にこの旅行に参加すはずだったのに、その前に喧嘩をして一人で参加しています。交際7年目のカップル、旅行の間中、怒鳴ってばかりいるご主人とその妻、不倫と見えるカップル(本当は父と娘)が参加しています。ソソは、謎のストーカーに追い回されるのですが、それを助けた縁でマルと打ち解けていきます。そこからこのドラマは始まります〜


交際7年目のカップル、ギョンジェとソラは、長すぎた春を打ち止めにしようとしてこの旅行に来たのに、ずっと歯車が合いません。ソラは、上司から交際の申し込みもされました。迷うソラです。旅の初めの頃は嫌な女性だと思いましたが、だんだんと気は強いけれど、自分の考えのある面白い女性だと。。ソラは結局、韓国に戻ってきて上司の申し込みを断ってしまいました。ギョンジェより安定しているのではと思いましたが。彼女の答えの中で、上司に好意を持たれていることが嬉しかったが、それはそういう自分に対してのうぬぼれみたいな感情だと理解したのよね。賢い!彼女はストレートでいい女です。

ヨンソンとユナの親子は、本当に不倫カップルに見えました。この旅行に参加したわけの中では一番驚きました。でもこんな娘大変ですね〜。父親が甘やかせ過ぎたのかも。。でもきっと素敵な女性に成長するきっと。。。

ガブスとジヒョン夫婦は、よくいる夫婦。夫は器が小さいから威張ってばかり。そんな夫でも尽くす妻。そんな妻が「ガン」になってしまったようで、妻に感謝するために計画した旅行でも、また威張り散らす夫。でも最後は気持ちが少しは通じあいよかったかな。。というかこんな夫婦っていっぱいいます。

ソソを追いかけていたのは弟でした。前半はなぜ?ソソがパリでツアーガイドをしているか・・・
ソソの元恋人を韓国で見つけて謝って傷つけてしまった弟は刑務所に入っていました。でも姉が心配で出所後、パリに探しに来たのです。そこでマルと遭遇。すべてを理解した後は、弟は帰国します。マルとソソは7話でもうベットインしてしまう。なんかスッキリしていていいんじゃない。恋は嵐だから。。じっと待ち過ぎる韓ドラの清廉潔白さにはうんざりというか嘘っぽさがにじみ出ていてもうという気分なのでスッキリです。
それからはマルは、彼女を知りたくてしつこくなり、彼女は別れを切り出す。壁を乗り越えなければ。。。
マルはとても素直で優しい青年です。彼の製薬会社での立ち位置は結局よくわからなかった??   上司との恋人関係も???
自撮り棒で写真を撮る、なんか抜けた感じの青年でもあるけれど、なんか普通の青年っていう感じです。あまり興味の湧かないナムジャでした。

マルとソソの二人のファッションセンスがとてもよかった。モン・サン・ミシェルの風景ともしっくりしていて。。

ソソのツアーガイドと風景とファッションを堪能させていただいたドラマでした。

最後まで、ソソとマルのストーリーには興味が湧かなかった。ソソとマルが再び運命的な出会いをしてもしなくてもどうでもいい。

精一杯生きて、恋して、それが素敵なんですよね。


以下は忘れないようにと記録です。

第1話  エッフェル塔のライトアップ
第2話  セーヌ川  ポンヌフの恋人
第3話  モンマルトル/ゴッホの墓オヴェール・シュル・オワーズ/オーヴェル教会 モン・サン・ミシェル修道院
第4話  モン・サン・ミシェルにあるティファーヌの家・貞操帯/ラ・メール・プラール(オムレツ)
第5話  モン・サン・ミシェル島/大天使ミカエルの銅像
第6話  モン・サン・ミシェル/トンブレーヌ島
第7話  ブルターニュ地方/サン・マロ
第8話  オンフルール
第9話・第10話  ドーヴィル『男と女』
第11話  ルーブル美術館・ノートルダム大聖堂
第12話  パリ市街

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)