My Favorite Story

I love Kdrama reviews

キム秘書がなぜそうか?

 

キム秘書がなぜそうか? What’s Wrong With Secretary Kim
全16話 (2018年 tvN)☆☆☆☆☆

久しぶりにドキドキ、ワクワク、毎日この二人を見たくなる病に。

大ヒットウェブ小説が原作でそれをウェブ漫画にしても大ヒット。その話題性、原作とシンクロ率も高く、あのパク・ソジュンさんが出演されると聞いて楽しみにしていました。

でも漫画のラブコメって苦手なんです。非現実的な顔やスタイルに付いて行けないからです。でもあの漫画の彼より、断然パク・ソジュンさんの方がGOODでした。パク・ミニョンさんは本当にシンクロしていました!(◎_◎;)

キャスティングが素晴らしい

パク・ソジュン(イ・ヨンジュン副会長)

きっとこのナルシスト御曹司役ができるのは(個人的評価で)

イ・ミンホさん(兵役中)
パク・ヒョンシク君(sutisに出演)
キム・スヒョンさん(兵役中)
ソンフンさん(ちょっと年齢的に高いかな)

なんて勝手な想像してみましたが、やっぱりパク・ソジュンさんが最高でした。「ユン食堂」で感じた彼の人柄って、庶民的な優しさであり、気配りがさりげなくできる人で、落ち着きのある行動ができる人だと。だからこのナルシスト御曹司役も高慢さがなかった。あの優しい眼と口元が物語っていますよね。
ナルシストで自信過剰の副会長、その自信過剰の彼から出る言葉は恥ずかしくなるほどのセリフなんですが、それが全然可愛く感じるのは、パク・ソジュンさんだったから。この様なセリフを愉快な魅力で演じきった彼の演技力がこのドラマを盛り上げたのだと思います。そしてそのセリフをさらりと受け流すあ・うんの呼吸のパートナーのミニョンさん。本当に楽しませていただきました。

パク・ミニョン(キム・ミソ秘書)

パク・ミニョンさんは、この有能な秘書役をスタイルも完璧にメイキングされてカッコ良かった。少し華奢すぎるくらいダイエットされた様ですが、原作とマッチさせた女優魂はすごいですね。彼女のぱっちりした目元とツンとしたお鼻、小顔、そしてすらりとしたボディは、このウエブ漫画から抜けでた様でした。非現実的なキャラクターと彼女のビジュアルは違和感がなかったのもこのドラマが成功した理由でしょうか。

ヨンジュン邸は、あのシークレットガーデンと同じ Maim Vision Village

とても幻想的な舞台が用意されましたね。

広大な敷地に建っているとてモダンな邸宅。
こんな邸宅に一人で住むヨンジュンの孤独さと、ゴージャスさを堪能させます。
そして素敵な壁一面にある本棚のある図書館であり執務室。
「シークレットガーデン」より落ち着いたダークな雰囲気に整えられていました。
久しぶりに拝見したジュウォン邸、懐かしさでウルっと….
こんなに天井が高くて、広くてガラス張りの邸宅、回りは木々で囲まれている。
非現実的な空間を演出するには必要な場所。ロマンティックで素敵です。

でもシークレットガーデンの時より奥へ邸宅が広がっていますね。
ガラス張りの部屋の効果を存分に味あわせてくれました。
木々の緑と光の光線、コントラストがとにかく非現実的空間でした。そこにピシッとしたスーツ姿のソジュンさんと清楚だけれどもボディフィットした服装で決めるミニョンさん、絵になるのが当たり前です。ミニョンさんの揺れるピアスはとても素敵でしたね。

脚本家のセンスがいいからどのエピソードも目が離せなかった。
2013年に出版されたウエブ小説の原作者はチョン・ギョンユンさんで、漫画家はキム・ミョンミさん。監督さんはパク・ジョンファさん、脚本家はペク・ソンウさん、チェ・ボリムさん。

あらすじは…….

財力・顔・スキルどれも完璧だと思っている自己愛に溢れた’ナルシスト副会長’イ・ヨンジュンを完璧に9年間公私の境なく補佐してきた超有能美人秘書キム・ミソの退社駆け引きロマンス!

キム秘書は、会社内での秘書としての仕事以外にも、副会長の身の回りのサポート、時には運転手、社交パーティでのパートナーと完璧にこなす秘書の鑑でした。
そのキム・ミソ秘書が突然の「秘書を辞めます」宣言!
恋愛も結婚もしたいし、自分の時間を過ごしていきたいという理由で。
副会長イ・ヨンジュンは、その退社理由が理解できずに途方にくれます。

そしてここから始まる恋の駆け引きラブロマンス!


幼い頃の誘拐事件の真相と記憶……これがこのドラマの伏線です。

ヨンジュンは、9歳の頃の誘拐事件の真相を全て心の中に隠して生きてきました。その誘拐事件で一緒に閉じ込められた女の子が5歳のキム・ミソでした。
キム・ミソは、ヨンジュンの秘書になってもそのことには気がつかなかった。でもヨンジュンはそばに置いて置いておきたくて高卒の彼女でも秘書にしました。それから9年の流れでこのドラマは始まります。

とにかくヨンジュン副会長は、スキのない凄腕ビジネスマン。それをサポートするキム秘書も9年間で完璧な秘書に成長しました。2話から4話あたりまではその辺が描かれていますが、なんかうるっときてしまいました
キム秘書は、仕事を辞めてあの誘拐事件の時に自分を守ってくれたお兄さんを探したかったんですよね。彼女は、彼を偶像化したヒーローにしていましたから。
キム秘書は、家族のために働いてきました。その部分はヨンジュンも同じなんです。家族のために誘拐事件の真相を闇に隠した。
そんな家族思いの二人…やっと自分の時間を使える時が来たから彼女は秘書を辞めようとした。ヨンジュンは、その時からキム秘書を一人の女性として意識したんです。

ヨンジュン副会長の口の悪さは、照れ隠しですね。本心が言えないから。そんなシーンたくさんありましましたが、ソジュンさんは時にはシリアスに、時にはコミカルに演じきっていて、このナルシスト会長になりきっていました。彼の繊細さと綿密な演技への意気込みを感じました。

ヨンジュンの兄役イ・ソンヨン(イ・テファンさん)

もっと重要な位置付けかと思いましたが、なんかそれこそ財閥の長男でわがままで傲慢さが垣間見えました。
幼い頃からヨンジュンの方が賢くてそれがきっと彼の心を病ませていたのでしょうね。
本当はヨンジュンが被害者なのに、両親は彼ばかり心配するのを見て、ソンヨン兄は、自分が被害者だという妄想に落ちいってしまった様ですね。母が悲しむ姿を見てヨンジュンは自分を犠牲にして家族を守りました。

11話・12話でその謎が解けましたが、複雑に入り混じった過去を知ることになりました。
11話がとてもドラマティックでした。
そしてヨンジュンはトラウマを抱えながらも、その真相を封印しておきたかったのは、家族を守ることもありましたが、それにこだわって生きることはしたくなかったんだと思っています。ソンヨン兄はこだわって生き続けていましたからね。キム秘書はその過去の真相を知ることに懸命でしたからね。

ヨンジュンってナルシストだけれども、とにかく大人の色気のある男です。
ウルトラ級のデートでキム秘書を落とそうとする、子供っぽいところも大人の男だからできる。
キム秘書を温かい目で見つめ続ける姿も大人ですよね。
そして大人の男はミステリアスな部分を持っていてもそれについて多くを語らない。
ただ一つ自信家なところを見せつけるのが、ちょっとですが、お茶目さとして笑いましょう。
そして何よりもずっと9年間キム秘書を見守り続けて来ました。お兄ちゃんとして….大人の男!!

ヨンジュンは、キム秘書に「憧れの優しいお兄ちゃん」のイメージから、あの誘拐事件の繋がりからでの「愛」は欲しくなかった。
今の自分を愛してくれる人になって欲しかった。複雑だけれどなんかわかります。忌まわしい過去を断ち切りたかったからでしょうね。強い男になっていたのです。それに比べてソンヨン兄は、過去にすがった。

キム秘書が結局は秘書を辞めないことになるのですが、彼女は、生活のためと思ってこの秘書の仕事を一生懸命やり続けましたが、この仕事が一番自分に適していることに気がつくんです14話で。必要とされるところで働くことの大切さを痛感したからです。それはヨンジュン副会長の元でですが….

あのお友達社長パク・ユシク(カン・ギヨン)さん、本当に楽しかった。彼の相談役としてのコメントはどれもユニーク。それでいて的を得ているのでおかしかった。
ヨンジュン副会長にもわかりやすく説明して納得させる手腕はすご〜い。
彼の演技でこのドラマのコミカルさがとてもリズミカルになってとにかくよかった。またどこかでお会いした俳優さんです。

秘書室の面々もなかなかみなさん楽しませねていただきました。
無駄なエピソードがなかったのがとにかくすごいと思っています。

ヨンジュン両親、キム秘書の父親、キム秘書の姉達、みんないい人でした。でもキム秘書の父親の姿、落ちたロックンローラーかもしれませんが、酷すぎましたね。それにカメオ出演したイ・ミンギさんが可愛そう( ͒˃̩̩⌂˂̩̩ ͒)

最後はハッピーエンドで絵のような結婚式が描かれました。
8話までの前半の方がドキドキして面白かった。
後半はお二人のラブラブモード満開でしたけれど、ブルトーザーのように突っ走るナルシスト副会長可愛かったです。

ミソの愛を確信してからは、「もう俺の女」とばかりに子供にかえったような行動や言動をするヨンジュン。
お友達社長やキム秘書から「速度制限」に気をつけないと恋愛関係は長く続かないと注意されるとシュンとするのですが、流れだした「欲望」は止まらない感じは素直で面白かったです。

結婚は勢いとタイミングで決まる….と思っているので。

最終話も「It’s you」のOSTが流れる中、今までのシーンが流れ、9年間のヨンジュンの想いがヒシヒシと感じられてウルウルでした。

ウルウルあり、胸キュンあり、笑いあり、本当に楽しまさせていただいたドラマでした。

好きなOSTは、12話でヨンジュンが歌った「二人」と「It’s You」これはPart2で…….

でも最後に…………

Mnetで視聴しましたが、13話の最後のラブシーンカットは、とても残念でした。自然な流れの中でのシーンなのにそれをわざと誇張するような結果になってしまったような気がします。別にさほど過激なシーンではないけれど、パク・ソジュンさんだからでしょうか?  youtubeで見る限りとても綺麗でセクシーなラブシーンでした。パク・ソジュンさんのアダルトなボディがあまりにバランスよく引き締まっているのでそれがかえってそれが肉感的すぎてよくなかったのかしら。

個人的にはあのガバッとシャツを脱いだシーン笑えたのですが。コミカルに感じたから。あのラブシーンより前の壁でのキスシーンの方がエロティックに感じました。(この時もキスの音だけだったかな?)

13話でのキスシーンも音源がしばらくなかったのもすごくエロティックでした。二人のキスの音だけなんて….

ラブコメディの範囲を超えた際どいベッドシーンという評価だったのかな〜?
このドラマはラブコメディとシリアスなロマンスの二重奏だったから素敵で面白かったのに。

 

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)