My Favorite Story

I love Kdrama reviews

梨泰院クラス 人と信頼を大事にする男

梨泰院クラス  Itaewon Class 全16話(2020年 JTBC)☆☆☆☆☆+

ヒョンビンのドラマが終了して直ぐにこのパク・ソンジュンさんのドラマが…..
すごーく幸せです。
どんなドラマか本当にワクワクしながらの視聴でした。
やっぱりソジュンssiのあの誠実感の溢れる温かな眼差しと強い意志力のあるドラマで、韓ドラファンやめられません。

パク・ソジュンssiのイガ栗頭のポスターを見た時に、
いつもの穏やかな笑顔に包まれた雰囲気が伝わってきたので安心したのですが、内心はなんでこのヘアースタイル?と……
このドラマの原作なんて知らなかったので。

今ではあのお顔を拝見しても全然違和感がありません。
原作が人気のあるウェブトーン漫画、「キム秘書はなぜそうか」と同じです。
チラッと原作を拝見しましたが、描かれたセロイと人間セロイ、よくここまでそっくりなイメージのビジュアルになれる男性がいたとは….

Story…………..

Start………. Gaho

大都市ソウルの中でもひと際ホットな街、梨泰院で、小さな飲み屋を開店させた前科者の青年とその仲間たち。そんな彼らが、成功をつかむため、大物相手に無謀ともいえる戦いを仕掛ける起業神話物語。   (Netflixより)

脚本:チョ・ガンジン  この漫画の原作者
監督:キム・ソンユン  「雲が描いた月明かり」

キャスト

パク・ソジュン=パク・セロイ  タンバム社長からICの代表へ
キム・ダミ=チョ・イソ  ダンバムマネージャー
クォン・ナラ=オ・スア  チャンガ戦略マネージャー

ソン・ヒョンジュ=パク・ソンヨン  セロイの父親
ユ・ジェミョン=チャン・テヒ チャンガ会長
アン・ボヒョン=チャン・グニョン  チャンガ後継者
キム・ヘウン=カン・ミンジョン チャンガ理事

タンバム仲間
キム・ドンヒ=チャン・グンス
リュ・ギョンス=チェ・スングォン
イ・ジェヨン=マ・ヒョニ
クリス・ライアン=キム・トニー

このドラマって、セロイもスアも「満たされなかった思い」を共存していた。

セロイは、同級生をいじめているクラスメートのグニョンと喧嘩になり、彼の父、食品業界の大企業チャンガの会長から土下座しての謝罪を要求されたが、それができず高校を退学させられる。「過ちを犯した者は、罰を受けなくてはならない。でも僕はそうではないと」父親は、チャンガに勤めていたが、辞職してしまう。父親はセロイのその行動を誇らしいと告げる。その後、父親と共に新しいお店を始めることにしましたが、その矢先、父親はグニョンの運転する車にひかれてしまい命を失いました。この事件すらも示談で済ませようとする、お金で解決しようとするチャンガ会長。そのひき逃げの真犯人がグニョンだと知ったセロイは、グニョンに暴行し、殺人未遂罪で刑務所に送られてしまった。

父親の死への無念。

このOST….Still Fighting it

刑務所生活の中で、チャンガ会長の本を暗記できるほど読み込んだセロイ、料理の腕前を父親に褒められていたこともあって、「自分の店を持ちたい」「チャンガよりすごい店」にすることが、その父親への無念を晴らす生き方=復讐だと考えた。

同級生のスアは、この事件の真犯人が誰かも知っていた。チャンガ会長が、息子の愚行を隠すためにした行動も直ぐにセロイにはバレた。
セロイは、グニョンを許せなかった。
スアがいたから、殺人未遂で済んだ。もしそうでなかったら殺人者にセロイはなっていたかもしれない。
スアは、チャンガ会長から「学費と生活費の援助」をするという提案を受けていた。
スアは、母親に捨てられて孤児院で生活していましたが、心は病んではいなかったけれども、強者には勝てなかった。
そんなスアでしたが、セロイに送った服役中に書いた手紙は、セロイを励まし、彼の心の支えになっていた。

私を好きでも、「貧しい人は嫌いだ」というスアに、セロイは、「金持ちになるのが夢だと」
セロイもスアへの好意を心の奥に秘めていましたが、それが彼の唯一の心の支えだったかもしれない。

刑期を終えて出てきたセロイは、中卒の前科者という逆境にめげず、不公平な世の中とチャンガ親子に根性と気合いで復讐することを誓う。
遠洋漁業・工場・肉体労働等々の稼いだ資金をもとにして、ソウルの梨泰院(イテウォン)にレストランを開く。異なる文化が自由に混ざっている梨泰院(イテウォン)は、自由を象徴する場所だとセロイは気に入ったのです。

テンポの良いサクセスストーリーと復讐劇で最高というtwitterの評判

1回目の視聴ではそう感じましたが、もう一度見ていると、あのゲスなチャンガ会長は苦労人だけあって人をよく見抜いていた。あのチャンガ会長は凄いと思ったけれど、息子は二人ともまともな人間に育てられなかったのがこのドラマのサイドストーリーになっています。11話以降は、セロイの人間性に焦点が当てられているように感じました。なのでスピード感のあるドラマをもっと期待して方達には退屈にあったのかもしれません。イソやスアに対する想いに振り回されるセロイ、仲間に振り回されるセロイ、チャンガ会長との戦い、しかしいつもセロイは真剣に前を向いている姿を。

セロイは短気で愚かな行動に走ってしまいますが、優しくてたくましい。20歳のイソをマネージャーにしたという洞察力もある。一度目標を設定すると時間がかかっても必ず実現させる信念と強さがある。スタッフには寛容、なので彼らはセロイに忠実なのです。

OSTも全てしなやかさと若さがあって素敵なのですが、一番はセロイの心に響く言葉の数々です。

殺人未遂で服役中に知り合った、タンバム仲間の一人、スングォンに「人生終わった前科者だろう」と言われたセロイは。

俺の価値をお前が決めるな。俺の人生はこれからだ。
自分の価値を自分で決めるな。自分の人生は今が始まりで、俺は望むことを全て叶えながら生きるんだ。
今だけ一度だけ….少しの間変わるだろう。だけどその一度だけでも、人は変わってしまうんだ

IQ162という天才少女でソシオパスの20歳のチョ・イソとの出会いで、セロイの人生は大きく変化しましたね。インフルエンサーで小遣い稼ぎをし、SNSのフォロワーの数も半端ではない彼女の行動力が、セロイの夢への実現をバックアップ。
4話で店の名前「タンバム」について話すイソに話すセロイなんですが、酔いつぶれてしまいます。

僕の人生は苦いから。だから苦い夜と俺の人生が少しでも甘くなればいいかな」と思ってタンバムと付けたと。
この言葉で、イソは彼の人生を甘くしてあげたい。セロイを幸せにしてあげたい。セロイを大物にしてあげたい。
と酔いつぶれて眠っている彼にキスしてしまいます。

イソは、行動力抜群だし、頭も切れるし、強気です。イソのオーラはこのドラマをピカピカ輝かせた。暗くなりがちなこのドラマをなんかエナジーを感ずるくらいにワクワクさせた。そしてセロイを恋する可愛さ、笑顔が良かったな〜

相手への同意のないキスは強制わいせつとスアを睨みつけたり、スアの行動が気になるイソ。

イソとソアの切ない思い  Kim Feel Someday The boy

イソとスアの生き方の違い

私が、社長(セロイ)を幸せにするし、成功させる….というイソ

自分のことしか考えていないあなた、 代表を本当に愛しているのは誰でしょう?代表の話を聞いた私は、彼を金持ちにさせたいと思った。 彼のためにチャンガを壊してあげたいと思った。 少しでもあなたが代表を気にかけているなら、このまま沈黙してろ!…..スアに言うイソ

セロイが私をチャンガから解放させて、幸せにしてくれる….というスア

孤児だったスアも行動力もあるし、あの若さでチャンガの部長にもなり、家も車も持ったすごい女性なのに、どうして待ち人になってしまうのでしょう。
セロイには「好きにならないで」「金持ちしか好きにはならない」イソには「彼が私を好きなの」と言いながら、セロイの周りをうろつくので、イソはイライラしますよ。セロイの性格、資質を全て理解しているから、彼と共に生きていくのは大変だとイソに忠告すらしてしまうスアです。

刑務所の2年間、そのあとの7年間、セロイにとってはスアは初恋の女性で、父親がいなくて孤独な男セロイが大事にしていたい昔馴染みの愛情なんですが、セロイはそれを男女の愛だと思っている。スアも、「私を好きでいて」という言葉を言いますが、一人にしないでという意味のようです。セロイに対してはいつも傍観者のように精査した目で彼を見ていますよね。二人の関係に火がつくことはない。イソが現れなかったらわかりませんが。でも彼女は、チャンガ会長からも最後で言われましたが、君は、忠実な奴隷だったと。だから安心して仕事を任せられた。でもこれでいいのかと意味深な言葉を吐きました。

スアの15年間のセロイへの気持ちが…….Sondia Maybe

応援はできないけれど理解できる女性でした。過去に縛られていた女性、捨てられた子で愛が欲しかった。それも親の愛のように無償の愛が。セロイの愛がそんな愛に思えたのかもしれません。同情なんて欲しくない。自分の力で大きく羽ばたきたい….そんな女性スア。  最後はチャンガを辞めて独立してレストランを始めましたね。自分の足で歩き始めたのです。セロイとは友達同士に。(パク・ボコムがチェフとしてそのお店に登場)主体性のない人を軽蔑するとまでチャンガ会長に言われたスア。今度は自らの足で歩き始めたスア。我慢強い女性ですから、きっとこれからまた素敵な人生が待っていますよ。

タンバムの仲間は、皆んな訳あり問題児の集まりです。でもセロイにとっては大事な仲間。

元暴力団の前科者、スングォン

トランスジェンダーのマ・ヒョニ

12話でセロイがヒョニを勇気付けるための言葉

お前がお前であることを人に納得させる必要なない

そしてイソが電話で読んだ ” I’m the Diamond “の詩が心に残ります。

混血児のトニー

父親が韓国人で、母親がギニア人の混血。父親を探しているうちにタンバムで働くようになる。父親は死んでしまったが、祖母が大金持ちで最後はセロイへ投資して彼の夢を実現させた。それもセロイの行動や、トニーに対する思いやりを見ていたからです。

チャンガ会長チャン・テヒ氏、悪の権現のような経営者

土下座させて謝罪させることで、己の自己権力の物差しにしている男。世の中は弱肉強食だとやりたい放題の男。
冷徹な権威主義者、 権力と恐怖だけで人をコントロールする男。
「会社の従業員とお金のためにお前の下で働く者たちを犬だと思えばいい。」
信念と野望は、エゴの塊だとも言ってましたね。というかその言葉はセロイに対する恐れだったのかも。15話から16話にかけてのイソ人質拉致事件の乱闘シーンは、壮絶でした。16話は90分で、その30分は喧嘩、暴行シーンでしたから。男の世界はこうだと言いたかったのか?でもこの戦いに勝ち抜いたセロイ、イソへの気持ちを再確認させたすごいシーンだっと思います。

セロイの15年の苦い思いは、商売人としてのチャンガ会長へのリスペクトがあったのに、それもある意味彼の支えになっていたのに…

あなたに復讐するために生きてきました。 チャンガの会長で僕の敵。 僕の人生を地獄にしたあなただったが同時にすごい男だった。 だから、この戦争は価値があると思っていた。 だが誰かを人質にしてひざまづかせるような汚い老人のあとを追って歩んできた人生が痛ましい……..

僕をちょろい相手だと ? 僕は商売人だ。 会社の合併の際、吸収される方からの謝罪に何の意味があると?ビジネスをして下さい。 会長!

セロイとグニョンの復讐心の違いを感じるドラマでもあった

2世で後継者のグニョン

愛人の子のグンスもチャンガ会長の犠牲者

セロイの復讐心は、父親の死の無念さ、暴力事件の警察への無念さ、その父親のチャンガ会長への怒りです。それが彼がここまで生きてこさせた。グニョンの復讐心は、自分の愚かさに気がつかず全てを人任せにして生きてきた結果です。15年前のひき逃げ事件と4年前の会長の記者会見が、息子グニョンをあんな男に変身させてしまった。息子も切り捨てて、己の会社と己だけを守ろうとする父親に。

愛人の子として生きてきたグンスは、タンバムで働きながら、「人と信頼を大事にする」セロイの生き方に共感を抱きながらもイソへの想いから、仲間を裏切る行為に自分を落とした。イソを振り向かせるためにチャンガで成功したかったのでしょう。このグンスの役者さん、まだ若いのに20歳、こんな複雑な人間を力演されました。彼は、チャンガ会長に、「お父さんが一番好きな弱肉強食の言葉通りに我々は食われたんです。」セロイに……

拉致事件で車にひき逃げされ意識混濁していたセロイが、父親と会話するシーン、圧巻でした。ここのシーンでも三途の河の橋が

この橋を渡ると楽に生きていけるという父親に、セロイは、「生きるは辛い。楽に過ごしたことは一日もない。 お父さんがいなくて寂しい、誰かを憎んで生きることが難しかった…。 」と本音を吐露した。お父さん、「行って下さい。 僕は行きません。 デートがあるんだ。 。僕を必要としている仲間がいて、一緒に過ごす未来がとても楽しみなんだ。 」と微笑んで、父親に別れを告げた。

このシーンも結構長かったですが、セロイが復讐心を持って生き抜いてきた、父親が去り孤独で頑張ってきた年月と決別して、新たな道を歩みだすシーンでもありました。父親役ソン・ヒョンジュさん、やっぱすごい俳優さんですね。

セロイは遂に、食品業界のトップに…..夢の実現

チャンガとICの合併を知らせる株主総会でセロイは

チャンガは韓国を代表するレストラン会社です。 最近のできごとで、会社のイメージが台なしになりましたが、それはたった一人のせいです。 私は、お金よりも人を、利益よりも信頼を重視します。 皆さんと一緒に、再び会社を繁栄させます。

セロイ、服装が会社代表CEOのスタイルに変わりましたが、あのイガグリ頭は変わりません。なんか前の服装の方に愛着が…..パク・ソジュンssiは、決まりすぎるから、ラフな格好の方が、人間らしさを感じるのかもしれない。

セロイとイソの恋愛も順調に……..

社長と私は、何から何まで違うけど共通点が1つある。人のぬくもりを知らないこと。社長の過去を知った日、私は全ての痛みを受け入れようと思った。苦しみや孤独を感じさせたくないと思った。社長の傷ついた心を甘くしたげようと思った。空っぽだった私の人生が社長でいっぱいになってありがたかった。愛してる。私が幸せにするから……とセロイにキスをした。

代表は絶対に私を失望させない。とイソはセロイを信頼する。チャンガ会長から息子の暴行事件で土下座での謝罪を求められても、信念でそれを突き放した。でもイソの命がかかっていたグニョンの愚行では、土下座してイソの居場所を聞き出した。セロイは、イソに何かあったら生きていけないと……

自分のイソへの気持ちに気がつくのは遅すぎたセロイですが、彼が気がつくまでじっと待つイソに拍手。
本当に「好きだ。好きだ。」と体当たりしては、冷たいセロイの眼差しに耐えながら、彼女ができる最大限の気持ちをいつもプレゼントしていたイソ。
こんな気っ風の良い女性、かっこいいです。

このOSTイソの気持ちが痛いほどわかる…..Say Yoon Mi Rae

セロイがイソの気持ちに気がつかないでいるのは、彼女への信頼感を大切にしていたような気もします。スアへの気持ちは好意、イソは信頼感って思いながら。

セロイの笑顔は圧巻です。人を安心させる笑顔です。

イソの笑顔も可愛い。

そして二人の笑顔は羨ましい。

 

素敵な心に残るドラマでした。

これからも、どんどん期待したい見たいドラマがNetflixで放映されます。すごいですね。