My Favorite Story

I love Kdrama reviews

旦那様はドナー2 前作よりもっと二人にフォーカスしたドラマでした😘

旦那様はドナー2 Well Intended Love 全16話(2020年 中国 Netflix)☆☆☆+

なんか、おも〜いドラマを視聴しているせいか、サラッと見られる気分転換になるドラマを見たくなって検索していたら、「あら〜….旦那様はドナーの続編がある💓」また、あのシュイ・カイチョンさんを見られるとワクワクでした。

旦那様はドナーの続編だと誰もが思います。でも違います。「旦那様はドナー2」ですから…..アハハ…..です。
ドナーには今回はなっていないのです。別の意味でのドナー(寄付者)にはなっているかもしれませんがね….
キャストもほとんど同じですが、独立したドラマでした。
旦那様はドナー1での人気に支えられて企画されたのでしょうが、その成功した主人公二人とキャストで、そのスタイルを維持しつつ再現されたドラマのように映ります。でもこう言うやり方のドラマも面白いですね。

契約結婚・記憶喪失・事故・出会い・ペットの名前などを「旦那様はドナー1」と被らせながら、でも違う世界のドラマに。

前作で感じた不具合は綺麗に払拭されていました。財閥CEOは、もっとゴージャスなビルのオフィスに君臨し、ご自宅も素敵な豪邸に。スーツ姿もバッチリ、革靴を素足で履くのも同じでした。彼女は、スタイリッシュな高層マンションに居を構えて、衣装も斬新、人気女優になっていました。でも露出具合がとっても気になる衣装が多かったです…..

でもPPLが目立っていました。そうしないとこのドラマ制作できなかったのか、人気が出て広告が集まったのか、どちらなのかと考えてしまいました。

原題、奈何BOSS要娶我2…..「ボスはなぜ私と結婚したいのか」だから、シーズン1でも2でもオーケーでしょう。邦題がやっぱり変です٩(๑`ȏ´๑)۶

キャスト

シュイ・カイチョン=リン・イージョン
シモナ・ワン=シャー・リン=ムム(呼び名)
イアン・イー=チュー・イエン
ホアン・チエン・シュオ=ウェン・リー 秘書
ヤン・ハオミン=ジア・フェ シャー・リーンの親友

偽装結婚でもないような、契約結婚でもなく、婚約契約からスタートです。

運命の人に必ず会えると言うキャッチフレーズがドラマの冒頭に流れました。
イージョンとムムの出会いは、運命だったと言うのが、シーズン2のテーマなんですね。
シーズン1に比べるとエピソードより、二人の気持ちにフォーカスポイントがあるような流れです。
それと、イージョンのムムへの溺愛ぶりがデレデレ過ぎてtoo much。

 

ムムは、仮面舞踏会で、出会った男イージョンに一目惚れしたんだと思います。そしてその彼の仕草や雰囲気を忘れられなかった。

イージョンも、「自分が一目惚れできるなんて」と2年前にケーキ店で出会った彼女と今、目の前にいる女性が同じ人だと確認したのです。

その仮面舞踏会から半年、あるパーティでムムは彼と偶然に出会います。彼を追っかけてしまいパパラッチされて女優生命を危ぶむスキャンダルに発展してしまいます。そのスキャンダルからムムを救ったイージョンですが、その条件は婚約契約でした。

この偶然をある意味上手く利用してムムを手に入れたイージョン。それからの二人の恋の進展は、抵抗しつつもイージョンの魅力に屈していきます。とにかく至れり尽くせりの彼の行動になびかない女性はいないでしょう。
婚約はただの言い訳」と言うムムの独り言が表しているように、彼女はイージョンに惹かれてしまっている自分を認めたくないわけですが。
そんな二人を同居させる事件が起きます。ますます、逃げられなくなるシナリオです(笑)

シーズン1のようにサイコパスな男女が出てきません。ただ、信頼していたマネージャー、ジアン・ユーシーとイージョンを妬むフー弁護士と言う気持ち悪い顔した男が登場します。

マネージャーとシャー・リンは、1年前からコンビを組んで一流の女優になる為に頑張ってきました。シャー・リンもマネージャーを信頼していたのに。トップ女優になった彼女を転落させること、そうやって彼女への恨みを晴らそうと計画して近づいてきたのです。ジアンの恨みとは、弟がひき逃げされて脳死状態になってしまっている事件が、イージョンの会社のせいだと思っていたのです。(でもこの経過はよくわからなかった)とにかく逆恨していたのです。

シャー・リンは、シーズン1と同様に気は強いが、親切で優しい女性として描かれています。
リン・イージョンは、セクシーな風貌は、もちろんですが、攻撃的で冷たい男、策略家だが、本当は優しい男として描かれています。とにかくムム以外の女性は目に入らない男のCEOです。

ムムは、シーズン1では、ドナーとしてイージョンに近づきましたが、シーズン2では、最初から彼に気がある描き方でした。彼女の方からモーションを起こしたのですから。彼に近づく為にフェンシングするシーンとか、あのスキャンダル事件に発展したパーティ会場での熱愛シーンとか。

でも婚約契約書にある、朝晩にチャットで必ず挨拶すると言うのが、二人の関係を深めていったようにも思えます。

 

4話でのキスシーン、7話で同居、8話で結婚してしまいました。結婚してから、彼が2年前からムムが気になっていて、あのスキャンダルを利用して近づいてきたことに腹を立てて家出してしまいますが、これもイージョンへの愛を再確認すると言うことで元の鞘に収まりました。

シーズン1では、イージョンが催眠術をかけられて記憶喪失になるのですが、シーズン2では、結婚してから、あのフー弁護士が、彼女を冷凍室に閉じ込めてしまいその時の事故で、ムムが記憶喪失になります。10話以降を盛り上げる為に必要だったのでしょうが、このエピソードでは、イージョンがムムに彼との出会いから今日までを思い出させる為に、懸命に頑張る姿のシーンが盛りだくさんでした。でも2年間だけの記憶喪失ってあるの?まあ、そういうことを考えるとこのドラマは面白くありませんからね。

 

このシーズン2は、二人の愛の奇跡を運命をたどると言う描き方でしたね。だから二人以外のエピソードは、イージョンの秘書と、ムムの親友の脚本家とのラブラブぶりや、ムムを密かに愛していた人気男優と彼を助ける為に天使のように現れた女性とのラブしか描かれませんでした。でも彼女はシーズン1とはだ一部違うイメージで登場しましたが、どちらもぴっったりな役柄でした。

シモナ・ワンさん、シーズン1より姿勢が綺麗になられましたね。でもなんか日本人で言うと和服が似合うタイプのお顔ですよね。なので、攻撃的なスタイリッシュな衣装より、自然なドレッシーな衣装の方が素敵でした。最終話の授賞式のドレス、とっても似合っていて素敵でした。(トップページの画像)

 

前作の変態社長ぶりを拝見しているので、今回のイージョンには何の違和感もありませんでしたし、ストーカー的な彼女への執着も楽しめました。16話と前作より短かったですが、ストーリーのテンポも良くてさらっと見ながらシュイ・カイチョンをあれこれ妄想しながら眺め回し、大いに楽しみました。

でも少し痩せたような気がしましたが、胸筋が少し緩んでいるような…..筋トレお休み中とか….
ガバッと襲うようなキスーシーン、動物的な本能を感じてしまいましたよ(変態か)

 

 

気楽に見られて、シュイ・カイチョンの少年ぽさといやらしさとを堪能できたドラマでした。