My Favorite Story

I love Kdrama reviews

愛を抱きしめて〜ドレスに恋したシンデレラ  可愛くてほっこりするカップル❣️

愛を抱きしめて〜ドレスに恋したシンデレラ Our Glamorous time 全50話(2018年 中国)☆☆☆+

チャオ・リーインさん「お昼12時のシンデレラ」で忘れられない可愛い女優さん。眉毛が太くて、声も可愛くて。Amazon Prime videoで見つけてしまいました。今は、甘くて軽い感じの中国ドラマに癒されています。それも全話配信されているので、安心して見られます。

2018年にご結婚されて、男のお子様もお生まれになっているのですね。お相手はウイリアム・フォンさん、「花仙骨」「明蘭」で共演されていた方ですよね。多分このお写真の時もカツラのようですね。このドラマ、髪型の統一性がなくて、明らかにウイッグだな〜と思うシーンが前半に多いです。きっと撮影が何かが重なってい他のでしょうね?

台湾ドラマ、中国ドラマ、大陸ドラマの違いもよくわからないのですが、中国系ですと現代ドラマでないとどうも視聴意欲わきません。「月に咲く花の如く」も一応視聴したのですが、ピーター・ホーさんが画面から消えてからは、ただあらすじを追っただけと言う感じでした。ピーター・ホーさんのオーラがずっとドラマの中で輝いていたのを感じただけでした。

あの「マイサンシャイン」のティファニー・タンさんも2018年にご結婚されていました‼︎  明るくて可愛いいお顔で、ハキハキした感じの役柄がとっても似合う女優さん。でもあのドラマは、本当に素敵なドラマでした。
お相手は、ルオ・ジンさん、やはり美男子で共演されていた俳優さんでした。

あの「宮廷女官 若曦」のリウ・シーシーさんは、共演されたニッキー・ウーさんと2015年に結婚されたのは知っていましたが、2019年に男子がお生まれになっていたのですね。このドラマだけは史劇でしたが、堪能できたドラマでした。でもあのドラマのシーズン2「続〜宮廷女官 若曦〜輪廻の恋」は、どうしようもない駄作でしたが。私の好きな中国系女優さんは、目元が優しくてほっこりした雰囲気のある(見た感じが)方々のように思います。骨格が日本人と共通するところがあるのかも。親近感があります。韓ドラの女優さんにはない親近感が…….でも美しくて皆さんスレンダーですよね。

今は、「泡沫の夏〜トライアングル・ラブ」を視聴中です。2010年のピーター・ホーさん目当てでみたドラマでしたが、すご〜く嵌りました。前作とは比較しないで新しいバージョンと思って見ていこうと思います。

前書きが長々となりましたが、「愛を抱きしめて〜」は、2018年制作のドラマなんですよね。でもなんかあの「愛の不時着」と重なる部分を感じました。設定が…軍人さんとのラブ、常に彼の部下達が彼女を守っている、無骨で寡黙だけれど優しくて温かい信頼できる男、女性は現代を生きるかっこいい職業についていて、ハキハキして強く生きる力を持っている。運命のつながりのある二人…………………………だから50話でしたが、完走できたのでしょうね。

感想はさらっといきます。

あらすじは、ファッションデザイナーのリン・チェン(チョ・リーイン)さんと軍人出身のアパレル企業社長のリ・ヂーチョン(キム・ハン)さんの繰り広げられるラブロマンスとお互いのビジネスストーリーに勤しむ二人のドラマでした。

まず、相手役のキム・ハンさんは、初めて拝見しましたが、身長は高くて全体的には美形なのですが、お顔がちょっとでした。でもお二人のイチャイチャキスシーンはとっても素敵でしたよ。

迷彩服の軍人さんの銃撃シーンから始まるこのドラマ、何度かシーンを見直したのですが、セリフの字幕もそうですが、言葉もわからないし、よくわからないのです。どうしてチェンが、この銃撃戦に巻き込まられたのか?彼女はタイに、ファッションのヒントを探すために来ていたようなのですが、どうも間違られて麻薬密売人のアジトに監禁されたのがそもそもの発端のようです。そのチェンを最後まで必死に守り抜く特殊部隊を率いる軍人ヂーチョン。すごーく逞しいお身体がカッコ良かったです。
そしてその彼を信頼する部下たち4人???…..「愛の不時着」もそうでしたよね。

兄のリ・ヂーチェンが、突然なくなり、弟のリ・ヂーチョンが軍人を辞めて(紛らわしい名前)、温達と言うアパレル会社の社長に納まってからチェンと再会します。10話くらいで、助けてくれた彼だとチェンが気がつくのかな〜と思っていましたが、9話でしたね。

ヂーチョンは、初めからあの時助けた彼女だとわかっていました。
チェンのデザインの才能に初めから気がついていたヂーチョン、チェンは、ヂーチョンの勇敢だけれど寡黙な男に興味を抱いていましたが。

あの麻薬の密売人達から彼女を守るために、彼は、温達の屋上にある彼の住まいに彼女を迎え入れる。同居ですね。

こんな感じでドラマは進行するのですが、50話もあるから感想だけにしますね。

デザイナーとしてのチェンとビジネスパートナーとしてのヂーチョンとの関係と恋人としての二人の関係の進行具合が、とってもバランスよく流れていきましたね。
そこには、ヂーチョンのビジネスのライバル社、新宝端と思美琪との戦いの過程や、そこに集まる人間関係、CEOとの恋愛関係も含めてとてもドラマチックで、リアル感がありました。

チェンとヂーチョンとの恋愛は、好きだけれどもどうも恋には消極的にしか動けないヂーチョンでしたが、ドラマの折り返し頃には、公に認めてついに同棲に進展❤︎

チェンは、斬新なデザインだけでなく、機能性や、着やすさも考慮できる優れたデザイナーに成長していき、F-FANCYと言う新ブランドも立ち上げました。
でもまだまだあの密売人達に狙われているチェンなのですが、どうも彼女が逃げる時に、間違えて持ち出したUSBに彼らにとって不都合な動画があったようですね。

後半になって、中国のターゲットに目を向けた海外のバイヤーDPとジャーナリストのエピソードにはうんざりしました。でも、ファッションブランドってコピーされても我慢するしかないないと言うことですが、本当なのかしら?

不慮の事故で死亡したヂーチョンの兄の恋人、グレイス、すごく頭の切れる女性だと言うことはわかるのですが、女性編集長ですし、なんか人間の気持ちを操ることが上手い人のようで、好きにはなれませんでした。結局、ライバル社のあのCEOと最後はめでたく恋人関係になりましたが。

それより、この二人の関係の方が微笑ましかった。

チェンは、新たなブランド、GLAMOROUSを立ち上げる。そのGLAMOROUSの製品を大量生産して海外アパレル社DPに打ち勝とうとします。
ライバル関係にあった3社が手を組んで中国のアパレルを守ろうと立ち上がることで、どうにか危機を乗り越えました。

が...最後に来てヂーチョンの信頼する副社長のイェンヂーの行動はどうしてそうなるのか強引な幕引きで、わからなかった。後半の海外ライバル社のエピソードとグレイスの恋愛のエピソードはもっとスピーディにして欲しかった。

最後のウエディングドレスのシーン、とっても可愛くてキュートでした。二人でいるシーンのキム・ハンさんはとっても素敵でしたよ。

本当に透明感のある可愛い笑顔の女優さんチャオ・リーンさん、まだ、史劇は拝見していないのですが、挑戦してみますか。